歴史
 

関西屈指の老舗・石原時計店。その歴史は古くは江戸時代まで遡ります。

弘化3年(1846)、初代・石原萬助は、心斎橋筋に面した現在の南久宝寺町三丁目付近に「石原時計司」を創業。和時計だけではなく、当時から輸入時計や測量機器などの舶来品を扱っていました。

 

明治時代、萬助の跡を継いだ石原久之助は南久宝寺町に「石原時計商舗」を開業します。時計塔がそびえた三階建ての赤煉瓦の建物でした。時計の他、自転車、写真機、楽器など輸入品専門の店舗がありました。

石原久之助は、明治22年、近在の時計商と共に「大阪時計製造会社」を設立。国産材料を使用した柱時計、置時計を製造、その後明治28年、関西財界の支持を得て懐中時計などを製造します。


  

石原時計店が南久宝寺町から心斎橋南詰に移転したのは大正4年のことです。大大阪時代の心斎橋風景として、写真や絵はがきなどにしばしば登場するのが、この二代目石原時計店です。設計を手がけたのは三橋四郎。セセッション様式の五階建て。屋上には時計搭や噴水、庭園などがありました。ビルから突き出しているのは、水圧式の エレベータータワー。店舗では、時計や宝飾品の他、当時の日本では製造できなかった、写真機、楽器などの輸入品を販売していました。

  

昭和14年、石原政造は、拡幅工事を終えた御堂筋沿い、淀屋橋南西角に賃貸ビル「淀屋橋中央ビルディング」を建てます。石原政造は、建築にも造詣が深く、建設にあたってその デザインも手がけました。直線ラインの外観で、一見シンプルに見えますが、内装には豪華な石材やモザイクタイルなどが使用されています。8階はとりわけ天井が高く、大きな窓より淀屋橋が一望できます。

昭和29年、ビルの名前を「石原ビルディング」と改名、また戦後場所を移していた石原時計店は、昭和39年、石原ビルディングの一階に移り、現在の石原時計店へと継承されています。

  
 (文責/田浦紀子)

【参考資料・文献】
『大阪人』 2001年3月号P.46〜48 発掘 THE OSAK 石原ビルディング
『大阪のひきだし』 P.98〜104 石原ビルディング(酒井一光氏)
『大大阪モダン建 築』(青幻社)
TIMEKEEPER 古時計どっとコム 5. 心斎橋石原時計店の絵葉書
TIMEKEEPER 古時計どっとコム 大阪時計製造会社
関根要太郎研究室@はこだて 大阪・心斎橋の石原時計店(建築家・三橋四郎設計作品)その1
関根要太郎研究室@はこだて 大阪・心斎橋の石原時計店(建築家・三橋四郎設計作品)その2
関根要太郎研究室@はこだて 建築家・三橋四郎事務所、在籍時代

 

Copyright © ISHIHARA.Co.,Ltd